オフィスビル, 設計・施工, 話題の建築

フットマーク株式会社社屋新築工事

施主様の「おもい」を実現させるためプラン、デザイン、コスト、施工、メンテナンス、最初から最後まで一貫したサービスを提供。施主である社員のみなさまとワーキンググループを組みプランを作り上げました。

外観南東面 外観南東面
エントランス夜景 エントランス夜景
外観南面ディテール 外観南面ディテール
2階 ミーティング・カフェ・ライブラリーコーナー 2階 ミーティング・カフェ・ライブラリーコーナー
吹抜け見下げ 吹抜け見下げ
階段室 階段室
1階 パターン室・試作スペース 1階 パターン室・試作スペース
外観北西面 外観北西面
1階 商談コーナー 1階 商談コーナー
風除室 風除室
屋上ガーデン(細見) 屋上ガーデン(細見)
屋上太陽光発電設備(現場撮影) 屋上太陽光発電設備(現場撮影)

コンセプト「いえ」

施主であるフットマーク社は、1946年赤ちゃんのオムツカバー製造業として東京墨田区に創業、水泳帽子や水着など高い国内シェアを占めています。
戦後まもなく木造住宅を増築して創業、建替え前まで社屋として使用した同社は、家族のような温かさと、社員全員の風通しのよさがあります。そして墨田区のものづくりの企業として墨田区ブランド戦略「すみだモダン」をまさに実践する企業です。
私たちはこれらを踏まえ本社ビル設計のコンセプト「いえ」を提案しました。

コンセプトからかたちへ

いえに集う家族のように、社員の一体感を深める空間づくりのため、できるだけ事務所空間を仕切らず一室にしました。2階には社員の集まるリビングのようなカフェライブラリーを配置。正面の馬車通りにはたて格子のファサードで「いえ」を演出。1階にショールームを計画しました。公園に面する1階には水着試作のためのパターン室を配置、地域にものづくりの会社としてアピールしています。 また2・3階の吹き抜け部のカーテンウォールをアクセントにして、公園側を第二のファサードとしました。その他、屋上空間の有効活用として東京スカイツリーの景色を取り込んだ屋上ガーデン、太陽光発電設備の設置、雨水利用など採用しました。 ショールーム内装デザインは、白浜誠建築設計事務所に。全体コンセプトと調和したショールームを依頼。木造社屋の柱や梁を展示台やルーバーに活かし、ものづくりの原点を想起させる和の空間が生まれました。

工事概要

所在地 東京都墨田区
発注者 ジザイ
設計 株式会社松下産業一級建築士事務所
施工 株式会社松下産業
建物用途 事務所
構造・規模 鉄筋コンクリート造、地上3階、延床面積 958.78平米
竣工 2013年4月
写真 エスエス東京(*印を除く)